MOS試験の申込と手続き - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験の申込と手続き

MOS試験は、独学で合格しやすい資格試験です。
MOS試験は年中通じて数多く行われています。

MOS試験の申し込み資格は、特にありません。
ビジネススクールでMOSをめざして勉強をした人も、独学でマイペースで合格を目指した人も、受験できます。
受験勉強期間も、個人個人のペースにあわせて進めることができ、独学でも弱点を克服しながら着実に合格が目指せます。

MOSの試験は株式会社オデッセイコミュニケーションズが主体となって実施しています。
MOS試験には、全国一斉試験と随時試験があります。

MOS全国一斉試験は、オデッセイコニュニケーションズが設定した試験会場で定期的に行う試験です。おおよそ1ケ月に一度行われています。

MOSの全国一斉試験では、試験日と試験科目により実施会場が異なります。試験会場は申し込みが遅いと定員になることがあります。
申し込みはインターネットでも行うことができます。

MOSの独学の進行状況に応じて、合格できそうな試験日を選んで早めに申し込みましょう。

MOS随時試験はオデッセイコニュニケーションズが指定した全国17,000カ所の試験会場で受験する試験です。
随時試験の試験会場では、少人数制の試験を実施しているところも多く、試験日と試験科目を確認して申し込むことが必要です。

受験したい科目と試験日が決まったら、試験会場へ出向き直接申し込みをします。
申し込み方法は、受験会場によって異なりますが、申し込みの際に受験料の支払いを行い受験票が交付される試験会場が多くあります。
人気のある試験科目はすぐに定員が埋まってしまうことがあります。

随時試験では、受験日は、申込日から一定期間のちに設定しなければなりません。
MOSの随時試験は、一斉試験より受験できる機会が多く、独学で合格を目指す人にとっては、自分のペースに合わせて独学合格を得られる良いチャンスです。

MOS試験では、申し込み後受験日までにマイクロソフトオフィスの受験者登録をインターネットで行い、受験者IDを取得しておかなければなりません。取得した受験者IDと設定したパスワードは、MOS試験の様々な科目で共通し使用することができます。

MOS試験は、全国一斉試験でも随時試験でもその日のうちに合否が分かります。
万が一不合格の場合は、次の試験まで1週間以上の期間を開けなければなりません。

2種類のMOS試験方法を上手に利用して、独学合格でMOS資格を取得しましょう。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。