MOS試験(WORD):独学合格のための「文書作成」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(WORD):独学合格のための「文書作成」

MOSのWORD試験で独学合格するために、まずはWORDで文書を作成できるようにしておきましょう。

WORDはMicrosoft Officeのワープロソフトです。
文書作成において基本になるソフトで、MOS試験でも最も基本的かつ大切な操作機能だといえます。
WORDは普段から使用している人も多く、独学である程度の操作法はすでに覚えていることでしょう。

MOSのWORD試験独学合格では、WORDにすでに設定されているテンプレートやテーマを利用して、簡単に美しい文書を作成できる操作を覚えておきましょう。

WORDでは良く用いられる書式やスタイルを組み合わせたテンプレートというひな形が用意されています。
テンプレートを使用すれば、簡単なタイトルや文章を入力するだけで、バランスの良い文書が作成できます。
また、良く使う書式を新しくテンプレートとして保存しておくこともできます。

MOSのWORD独学合格には、既存テンプレートを利用して文章作成したり、テーマやスタイルの変更が出来るように独学勉強しておきましょう。

WORD文書を美しく見せるには、文書の書式設定が重要です。MOSのWORD試験合格対策の独学では、文書の用紙サイズや向き・余白を設定できるようにしておきましょう。

ヘッダーやフッダーを挿入し、日付やページ番号を設定する操作を独学勉強しておきましょう。
段組みの設定をして、文書を見やすくする操作方法も独学勉強しておきましょう。

MOSのWORD合格対策では、文書の内容を整理する操作方法を独学勉強しておきましょう。
長い文書では、どこに何が書いてあるか見つけにくくなります。要所に見出しスタイルを適応しておくと、これを用いて目次や索引を作成できます。文書の変更によってページ数が変わっても、反映されるので便利です。
文書プロパティの設定、ブックマークやハイパーリンクの挿入などの方法も独学合格のために覚えておきましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。