MOS試験(WORD):独学合格のための「文書設定」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(WORD):独学合格のための「文書設定」

MOSのWORD試験の独学合格対策では、文書の設定の操作についても確認しておきましょう。
文字のフォントや大きさ・色を変更することは、WORDを使用してきた人にとっては、日常的に操作して既に覚えていることだと思います。

文字にスタイルを適応したり、他の書式をコピーしたり、行間や段落間の設定をする方法なども重要です。ひととおり独学で操作を学んでおきましょう。

普段使っているようで、なかなか慣れない操作がタブやインデントの設定でしょう。
MOSのWORD試験ではタブに関する出題はよく見られます。
タブの種類、タブの設定方法、タブの削除など、タブに関する一連の操作方法を独学勉強して合格点につなげましょう。

知っておくと役立つ機能なので、是非独学合格のために勉強しておきましょう。

MOSのWORD試験の独学合格のためには、文書のコピーや貼り付け、文字列の検索や置換などの操作能力が試験されます。文書のコピーには、テキストスタイルのみのコピーや書式をも含めた文書のコピーなどいくつか種類があります。大きな容量のもののコピーには、クリップボードを使用します。コピーの種類と操作方法を確認しておきましょう。

普段から使用することも多い項目ですが、一度きっちりと操作方法を確認しておきましょう。

WORD文書では、改ページやセクション区切りを挿入することによって、テーマの変わり目を明確にすることができます。

MOSのWORD試験では、改ページやセクション区切りの違いを理解しておきましょう。
区切ったセクションごとに異なるヘッダーやフッダ―を挿入する操作方法も独学勉強しておきましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。