MOS試験(WORD):独学合格のための「文書校閲」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(WORD):独学合格のための「文書校閲」

MOSのWORD試験の合格するための独学学習ポイントとして、文書の校閲に関する操作を出来るようにしておきましょう。

WORDで作成した文書は、複数の閲覧者によって内容をチェックしたり、コメントをつけたりすることができます。
容量の大きな文書の場合、校閲したい部分にジャンプするジャンプ機能が使用できるとべんりです。

二つ以上の文書を同時に見比べて、その変更点を検討するのには、ウィンドウの並列表示や分割表示などの操作ができると効率があがります。
限られた大きさのウィンドウ内に、必要な情報の部分のみ表示できるので、見やすく間違いが少なくなります。

MOSのWORD試験ではウィンドウの分割の仕方や並べて表記する方法など独学で確認しておきましょう。

校正された文書と元の文書を並べて表示しただけでは、変更点がすぐにわからない場合があります。
このような場合には、文書の比較反映機能を用いることが出来ると便利です。

MOSのWORD試験には、比較的この操作を問われる問題が多く出題されます。
WORDの中では、普段あまり使用しない、高度な機能であると言えます。
MOSのWORD試験に独学合格するためには、テキストをよく読みながら、しっかり理解しておきましょう。

MOSのWORD独学合格のために習得しておきたい文書の比較反映操作には、2つの文書を比較し、相違点を変更履歴を使って表示する方法と、複数の編集者による修正点を、校正者が分かるように1つの文書に表示する方法が重要です。
これらの方法の意味と操作の違いをよく独学勉強して合格点に結びつくようにしておきましょう。

MOSのWORD試験の合格のために、是非独学勉強しておきたいのは、変更履歴に関する操作です。
元の文書に変更した部分が分かるように、変更箇所や変更内容を記録することができます。

変更履歴機能を使用して文書の変更を行うと、変更者や変更日時が記録できます。
他の編集者は、変更内容を見て、その部分を変更するか、もとのままにするか、一つ一つ確認しながら作業を進めていくことができます。

MOSのWORD試験の変更履歴操作の独学では、変更履歴を反映したり元に戻したりする操作・変更履歴の表示や校閲者名を変更したりする操作が出来ることが合格点へとつながります。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。