MOS試験(WORD):独学合格のための「文書共有と保護」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(WORD):独学合格のための「文書共有と保護」

MOSのWORD試験の独学合格では、文書の保存とその共有の仕方について操作を覚えておきましょう。
MOSのWORD試験の独学合格のためだけでなく、共有とデータの保護の問題は、どのソフトを使って作成したファイルについても重要です。

WORDには、2003や2007などのバージョンがあります。新しいバージョンで作成したWORD文書は古いバージョンでは開かないことがあります。
WORD2007以降では、新しいファイル形式が使用されており、ファイルサイズを小さくして保存でき、データのやり取りもしやすくなったという特徴があります。

WORD2007以降で作成した文書をWORD2003 形式で保存すると、新しく付属したデータや機能が保存されないことがありますが、WORD2003を使っている人も読むことが出来る文書に変換することができます。

MOSのWORD試験の独学合格に必要な操作であるほか、ビジネスやコニュニケーションマナーとして利用できる操作なので、独学でしっかり覚えておきましょう。

文書にはWORD2003バージョンのほか、マクロ有効文書やXPS文書などビジネスシーンに応じた変換保存の方法があります。
マクロ有効文書は高頻度で行う一連の操作に対して役立ちます。
マクロ有効文書として保存しておくと、同様の操作が発生した時作業時間の短縮に役立ちます。

XPS文書とは、閲覧用に適した文書形式です。XPS形式で保存した文書は、WORDのバージョンやパソコンの機種に関わらず、もとの書式を損なわず開くことができます。
パソコンに同じアプリケーションソフトがインストールされていなくても、もとの状態で見ることが出来るので、閲覧用ファイルなどに利用することができます。

MOSのWORD試験では度々出題される操作です。
比較的簡単な操作なので、独学合格のために一度確認しておきましょう。

MOSのWORD試験では、互換性チェックやドキュメント検査に関する操作もよく出題されます。
特に、ドキュメント検査は、個人情報や機密情報の漏えい防止に利用できます。
文書を社外や部署外に開示する場合には、是非知っておいた方がよいでしょう。

MOSのWORD試験では、文書へのアクセス制限を設定することができます。特定の人に文書を開示した時などに利用することができます。

WORDで作成した文書には著作権が発生します。MOSのWORD試験では、セキュリティーに対する文書保護の仕方も独学合格の重要点となっています。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。