MOS試験(EXCEL):独学合格のための「データ作成」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(EXCEL):独学合格のための「データ作成」

MOSのEXCEL試験の独学合格には、表とグラフの作成ができ、それらを見栄えのする方法で表現する操作方法が問われます。

EXCELは表計算ソフトです。表やグラフを作成するために、まず最初に表やグラフの元となるデータをワークシートと呼ばれるデータシートに入力します。

MOSのEXCEL試験では、データシートの入力方法を独学勉強し整理しておきましょう。
MOSのEXCEL試験の独学合格のためには、オートフィル入力・データの入力規制などの操作に慣れておきましょう。

入力したデータが多い時は、ワークシートが見やすいように表示方法を変更したり、ワークシートを分割表示したりする操作が出来るようにしておきましょう。

オートフィル機能とは、日付や数値など、一定の規則のもとに並んでいる数字の順に入力していく操作のことです。
日付を一つ一つ入力していったのでは、大変な時間がかかります。
最初の数字を入力することで、残りの連続データを入力することができます。

データを入力するセルには、入力規制を設定することができます。
日付を入力したいセルには、日付スタイルで自動的に入力できるように設定することができます。
カタカナ入力や数字3桁で入力するように設定しておくことも可能です。

入力規制は、MOSのEXCEL試験の独学合格のためのテクニックのみならず、作業の効率化になる便利な機能です。
MOSのEXCEL試験に独学合格したのちも、様々な場面で活用することが出来るでしょう。

EXCELには、重複した行を探して削除する機能もついています。
商品管理や人材管理などでは、同じ商品や顧客などが二重に登録されてしまうことがあります。
EXCELで重複行の確認をし、重複行を削除することで、統計管理が行いやすくなります。
MOSのEXCEL試験の独学合格を経理や管理部門で役立てたい人にとっては、是非操作に慣れておきたい機能のひとつです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。