MOS試験(EXCEL):独学合格のための「数式の導入」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(EXCEL):独学合格のための「数式の導入」

MOSのEXCEL試験のための独学合格対策では、EXCELの数式を利用する操作方法が最も重要な合格ポイントと言えるでしょう。

EXCELは表計算ソフトです。

データシートに入力した数値を使って様々な統計計算が出来るのがEXCELの特徴です。MOSのEXCEL試験でも、関数を使用した問題が出題されます。

MOSのEXCAL試験で対象となるEXCEL関数は、基本的なものばかりですので、独学勉強でも簡単に理解できるものが多くなっています。

MOSのEXCEL試験の独学合格し、さらにEXCEL VBAスタンダードなどの独学合格を考えている人は、MOS範囲のEXCEL関数はしっかりと理解しておきましょう。

MOSのEXCEL試験の独学合格対策では、

アクセプト統計関数(SUM, AVERAGE, MAX, MIN, COUNT, COUNTA)
アクセプト集計関数(SUBTOTAL)
アクセプト条件付き書式(SUMIF, SUMIFS, AVERAGEIF, AVERAGEIFS, COUNTIF, COUNTAIFS)
アクセプト検索関数(VLOOKUP, HLOOKUP)
アクセプト条件付き論理関数(IF, AND, OR, NOT, IFERROR)
アクセプト文字列の編集関数(PROPER, UPPER, LOWER, SUBSTRATE, LEFT, RIGHT, MID)

を使用して、データ計算が出来るように独学勉強しておきましょう。
EXCEL関数を入力する際には、データ入力の順番や参照(相対参照・絶対参照)に特に気をつけましょう。

良く似た関数を扱いますが、COUNTとCOUNTAは計算対象が数列なのか、文字列なのかによって異なってきます。
SUMIFとSUMIFSなど「S」がついているものとついていないものデータの取り扱いについても注意して独学勉強しておきましょう。

MOSのEXCAEL試験で取り扱われる関数の計算結果は、指定されたセルに数値または文字として表示されます。
「数式の表示」機能を利用すると、セルに数式が表現されます。
EXCELのワークシート上でどのような関数を用いて計算が行われたか知りたいときは、この操作をすると知ることができます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。