MOS試験(EXCEL):独学合格のための「データの表示」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(EXCEL):独学合格のための「データの表示」

MOSのEXCEL試験の独学合格の重要な学習ポイントのひとつに「データの表示」に関する操作があります。
EXCELのワークシートに入力したデータは、グラフや図にして視覚的に表すことで、よりわかりやすくインパクトのある表現が可能になります。

グラフや図の作成機能はEXCELの最大の特徴のひとつです
MOSのEXCEL試験では、グラフや図に関する操作の問題が必ず出されます。
MOSのEXCEL試験独学合格対策では、関数とともにしっかり理解しておきたい項目です。

EXCELで表現できるグラフには、棒グラフや折れ線グラフ・円グラフなど多くの種類があります
データシートに入力されたデータを変更すると、自動的にグラフの値も変更されて表示されます。

グラフの時系列やスタイルなどのレイアウトも後で変更することができます。
グラフの中で特に強調したいデータがある場合は、その部分だけ色を変更するなどして目立たせることができます。

特に円グラフの場合は、「切り離し円」という機能を使って、あるデータ要素の扇部分を切り離して飛び出した表現をすることができます。

MOSのEXCEL試験の独学合格対策だけではなく、知っておくと役に立つ機能に「複合グラフ」があります。
いくつかのデータ系列を同じグラフ上に表現した場合、あるデータ系列に対してグラフの種類を変更したり、第2軸の設定をすることで見やすくする機能です。

同一上の他のデータ系列に対して、非常に数値の開きがあるデータや、単位が異なるデータ系列を同時に表示する時に向いています。

複合グラフはMOSのEXCEL試験では時々出題されます。独学勉強でも十分理解できる操作ですので、合格対策としてチェックしておきましょう。

MOSのEXCEL試験では、グラフの特徴を理解し、データに最も適したグラフを選択し設定できるよう独学勉強しておきましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。