MOS試験(POWERPOINT):独学合格のための「スライドコンテンツ」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(POWERPOINT):独学合格のための「スライドコンテンツ」

MOS試験のPOWERPOINTの独学合格には、スライドコンテンツに関する操作方法の習得が必要です。
MOSのPOWERPOINT試験には、スライドコンテンツを作成したり、スライドコンテンツの書式を設定したりする問題が出題されます。

POWERPOINTでのスライドコンテンツとは、テキストボックスやアニメーションなどのスライドに含まれる様々なプレゼンテーション要素のことを指しています。

MOS試験独学合格のために、テキストボックスの扱いについて習得しておきましょう。

プレゼンテーションによっては、既成のスライドでは上手に表現できない場合があります。テキストボックスはスライドの好きな位置に挿入することができます。スライドないの書式設定や文字の配置などを自由に設定することができます。
テキストボックスには、スライドの設定とは異なる背景や塗りつぶしなどの効果を独自に設定することができます。

MOSのPOWERPOINT試験では、スライドやテキストボックス内の文字列の操作が出来るようになっておくことが独学合格には必要です。
MOS試験合格のための独学勉強をすると、文字のフォントやサイズ・色を変更したり、ワードアートを挿入したりすることが出来るようになります。

MOSのWORD試験に独学合格した人は、WORDのMOS試験の独学勉強で、すでに身についていることと思います。
同様の操作がPOWERPOINTでも可能であることを確かめておきましょう。
WORDとは操作ボタンやキーの位置が異なりますので、スムーズに独学が進められるでしょう。
着実に合格点を確保したい分野です。

MOS試験独学合格のためには、スライドの複製や挿入などの操作方法を独学習得しておきましょう。

プレゼンテーションで似たようなスライドを作成したいときや、スライドの一部を他のプレゼンテーションで使用して再利用したいときなど、既存のコンテンツをプレゼンテーションに追加したり複製したりすることができます。

参考にしたいWEBページや問い合わせ先のメールアドレスなどをハイパーリンク機能を使って設定することができます。
また、スライドには、サウンドや動画も挿入でき、効果的なプレゼンテーションを作ることができるようになります。

MOSのPOWERPOINT試験ではアニメーションの設定について慣れておくことが、独学合格への重要なポイントです。WORDやEXCELにないPOWERPOINTの特徴は、アニメーション設定にあります。

アニメーションは、スライド上のタイトルやテキスト・グラフ・画像などに動きや音をつけて、プレゼンテーションを効果的に作る機能を持っています。
プレゼンテーションでとくに強調したい部分に、アニメーション機能を取り入れると聴衆の注目をひきつけることができます。

MOSのPOWERPOINT試験では、必須かつ重要な項目です。
独学合格のためのアニメーション操作では、アニメーションを挿入し、その強調効果や動きの速度などの設定を自由に変更できる操作を習得していることが重要となります。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。