MOS試験(POWERPOINT):独学合格のための「ビジュアルコンテンツ」 - 独学で合格するMOS 勉強ガイド

MOS試験(POWERPOINT):独学合格のための「ビジュアルコンテンツ」

MOSのPOWERPOINT試験の独学合格のためには、スライド上にビジュアルコンテンツを設定できるようにしておきましょう。

ビジュアルコンテンツとは、SmartArtや図形などの視覚的にインパクトのある表現のことを指しています。

MOS試験のWORDに独学合格している人は、すでにSmartArtや図についての知識は身についているでしょう。

MOS試験のEXCELに独学合格したひとでは、表やグラフの扱いには慣れているでしょう。

POWERPOINTでの操作ボタンの位置に慣れて、スムーズに操作できるよう独学トレーニングで試験時間内に合格点が取れるスピードで操作できるようにしておくことです。

SmartArtにはワードの箇条書きスタイルからの返還もできます。プレゼンテーションに適したスタイルにSmartArtにグラフィックを挿入することもできます。

スライドにはクリップアートや画像などの図形も挿入できます。
POWERPOINTでは画像のことを「図」と表現することがあります。画像も図とサイズ変更や回転など同様の操作ができます。

図形をプレゼンテーションに使用する場合、これにアニメーションを設定することができます。
複数の図を使用する場合は、その表示順や表示方法をアニメーション設定することによって、より見栄えあるプレゼンテーションを作成することができます。

このようにアニメーションはPOWERPOINTの多くの操作に組み合わせて利用することができ、独学でMOSのPOWERPOINT合格には、必ず理解しておきたい項目です。

スライドに挿入した図やグラフは、EXCELと同様に、その種類や書式・タイトルなどを自由に変更することができます。
MOSのEXCEL試験で独学合格した人にとっては、EXCELで独学勉強した知識がPOWERPOINTでも役立つことでしょう。
POWERPOINTの独学勉強の期間が短縮でき、合格への近道となるでしょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 独学で合格するMOS 勉強ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。